新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

社会学入門

塩原 良和 編・ 竹ノ下 弘久

ジャンル 人文・社会 > 社会学 > 社会学理論・思想
判型・ページ数 A5 上製 308ページ
定価 本体2,500円+税
発行日 2010年11月刊
ISBN 978-4-335-55140-6
Cコード 1036
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ、感想

内容説明

人は、独りでは生きられない。清新な社会学入門書の誕生! ●社会学を学び、実践するための最適の教科書

 本書は大学学部学生向けの入門書として書かれた。
 社会学的な「視点」の面白さ、奥深さを実感してもらうことを目指している。本書を読んで面白い「視点」に出合ったら、脚注で紹介されている文献や、各章末の「さらに学びたい人のための文献紹介」も参考に、より専門的・個別的な読書にぜひチャレンジしてほしい。
 各章のコラムでは、その章に関連する今日的なトピックや、やや高度な論点が紹介されているほか、保育士、市民団体職員、アーティストといった人々が活き活きとした文章を寄せている。これらの人々は研究者ではないが、みながそれぞれの領分における「社会学者」である。私たちはみな、研究者であろうがなかろうが、自分が日々生きている社会を「社会学しながら」生きているのだ。だからこそ、社会学は誰にとっても面白い。「社会学する」面白さを、各章末の「考えを深めよう」に取り組むことで実感してもらえたらと思う。(本書「はじめに」より)

目次

はじめに   塩原良和・竹ノ下弘久 
  1 人は、独りでは生きられない
  2 分業と相互依存
  3 構造の束縛
  4 変革への想像力
  5 批判的思考・再帰的実践・対話
  6 本書の構成と使い方

第1部 社会を読み解く――社会学的思考 
 第1章 「自己」を読み解く――相互行為・後期近代社会・アイデンティティ   荻野達史 
  1 問わされる「自分」、分からない「自分」
  2 「自己」と相互行為
  3 「自己」と近代社会
  4 「社会学」的な自己論の想像力へ
  COLUMN 「分かりやすくされた私」と悩ましい「アイデンティティ」   荻野達史 

 第2章 「家族」を読み解く――親たちへの批判的なまなざしを問い直す   西村純子
  1 「モンスターペアレント」問題
  2 「モンスターペアレント」を生みだす社会
  3 村落社会の子育てシステム
  4 近代化のプロセスと家族
  5 近代家族
  6 子ども・家族・地域社会の今後
  7 「モンスターペアレント」再考
  COLUMN 保育園ってどんなところ?   北相模美恵子 

 第3章 「性」を読み解く――ジェンダーとセクシュアリティ   大貫挙学 
  1 社会現象としての「性」
  2 「女」「男」であることの政治性
  3 「異性愛」は「自然」なことなのか?
  4 後期近代における「性」の再帰的変容
  COLUMN アグネスとブランドン――マイノリティの存在から浮かび上がる性別の社会性   松木洋人 

 第4章 「教育達成」を読み解く――階層構造・選抜システム・行為選択  荒牧草平 
  1 格差社会化と二極化の進行?
  2 事実の確認
  3 社会の仕組みを知る――教育選抜のシステム
  4 人々の行為選択と教育達成の階層化
  COLUMN 教育熱心と学校不信   荒牧草平 

 第5章 「階層」を読み解く――グローバリゼーション・労働市場の流動化・不平等  竹ノ内弘久
  1 格差問題への関心の高まり
  2 階層研究の基本的な考え方と階層移動を媒介する制度
  3 日本における階層移動と諸制度との関係
  4 脱工業化、グローバル化、労働市場の流動性の増大
  5 貧困、階層、福祉国家
  COLUMN 外国人の受け入れと統合   ウラノ・エジソン 

 第6章 「情報」を読み解く――「メディアと政治」研究入門   烏谷昌幸 
  1 メディアと政治
  2 アジェンダの設定
  3 政治とテレビ
  4 グローバル・ニュースメディアとテロリズム
  COLUMN その出来事をニュースにしたのは誰か?   山口 仁 

 第7章 「環境問題」を読み解く――環境問題の空間的・時間的変容   平岡義和 
  1 公害から環境問題へ?
  2 公害の空間的(国際的)構図の変容
  3 地球温暖化の時間的・空間的構図
  4 地球温暖化と経済成長――環境社会学の理論から
  COLUMN Climategate事件と温暖化の科学的・社会的構築   平岡義和 

 第8章 「文化」を読み解く――ブラジル系移民の文化活動を事例に   アンジェロ・イシ 
  1 「文化研究」の幅広さと奥深さ
  2 「移民の文化」というパズルをどう解読するか
  3 終わりなき追跡への誘い
  COLUMN 日本で広がる「ブラジル文化」   MC Beto 

第2部 社会を調べる――社会学的調査 
 第9章 数字で社会学する――量的調査と計量分析   田辺俊介 
  1 はじめに――「数字で社会を見る」ということ
  2 量的調査とは何か?――「数字」として社会を捉える方法
  3 計量分析の色々――量的調査データを料理する道具
  4 数字は「雄弁」である。ゆえに「ウソ」や「間違い」には要注意!
  COLUMN 社会調査データの図書館としての「データアーカイブ」   田辺俊介 

 第10章 ライフストーリーインタビューで社会学する――人生の物語を聞き取る   南山浩二 
  1 人生の物語を聞き取る――ライフストーリーインタビューへ
  2 質的研究法への関心の高まり
  3 ライフストーリーインタビューとは何か
  4 人間主体の方法としてのライフストーリー研究
  5 固有な人生の物語――ライフストーリー研究の実際
  6 社会・文化の痕跡を読み解く
  7 ユニークで生々しい人生の物語との出会いとさまざま気づき
  COLUMN ライフストーリーインタビューと語られ方をめぐる政治   南山浩二 

 第11章 歴史で社会学する――歴史社会学、あるいは近代世界を縁から折り返す方法   石原 俊 
  1 1931年、小笠原諸島、ある女性の語りから
  2 「周辺」化された側から近代世界をみる
  3 近代世界を縁から折り返す
  COLUMN 指紋法と移動の管理   高野麻子 

第3部 社会を動かす/社会とつながる――社会学的調査 
 第12章 社会学で社会を動かす――社会学の実践について考える   斎藤嘉孝 
  1 はじめに
  2 社会学を学んだ人が社会を動かす、4つのシナリオ
  3 おわりに

 第13章 市民運動・社会運動とつながる――社会学から見えてくること   西城戸誠 
  1 社会を動かす/社会とつなげるための「社会運動」
  2 生活クラブ生協の実践――消費材から社会を考える
  3 生活者の視点による政治と労働――代理人運動とワーカーズ・コレクティブ
  4 「個」の時代の社会運動の困難と可能性
  5 社会運動に対して社会学ができること
  COLUMN グローバル社会運動   濱西栄司 

 第14章 地域とつながる――社会学と地域づくり   土居洋平 
  1 はじめに――地域を研究することは地域とつながること
  2 地域と地域づくりを考える
  3 地域づくりに〈関わる〉
  4 まとめ
  COLUMN まちづくり<まちづくろい  遠藤あおい 

第4部 社会が変わる――社会学と高度近代 
 第15章 「社会」が変わる――近代社会の論理とその変容   菅野博史 
  1 「婚活」の時代背景
  2 民主主義制度の再帰性
  3 民主主義のパラドックス
  4 リスク社会としての現代
  5 再帰的近代の可能性
  COLUMN 経済システムと再帰性   菅野博史 

 第16章 「空間」が変わる
      ――グローバル都市/地方都市における「ジモトらしさ」のゆくえ   五十嵐泰正・川端浩平 
  1 グローバル化と都市
  2 まちづくり/創造都市論の可能性と陥穽
  3 「ジモト」と「ヨソモノ」
  4 意図せざる帰結としての排除/没個性化

 第17章 「国家」が変わる――福祉国家の形成と変容   冨江直子 
  1 「国家」の両義性
  2 近代国家と「個人」
  3 共同体としての「国家」――「国民」の形成
  4 福祉国家
  5 現代福祉国家の挑戦
  COLUMN 福祉国家の諸類型   金 成垣 

 第18章 「国民」が変わる――ナショナリズムと多文化主義/多文化共生   塩原良和 
  1 「単一民族」社会という「事実誤認」
  2 「同質的な社会」という信念と「日本人性」
  3 「郷に入れば郷に従え」の不可能性
  4 「助っ人」との「共生」?
  5 「既得権益」を失うことへの不安
  6 「対話」と「共生」の根拠
  COLUMN 私を見て疑いなく「日本人」と思うのは時代遅れ   宮ヶ迫ナンシー理沙 

 第19章 時代が変われば、社会学も変わる
      ──新しい社会学的思考の担い手となるべき社会学入門者のために   櫻井龍彦 
  1 はじめに
  2 社会学的思考の典型としてのアーヴィング・ゴフマン
  3 社会の変化と社会学
  4 社会学を学ぶからには
  COLUMN 社会学の入門書から見る社会の変化   櫻井龍彦 

 補論 場所が変われば、「社会学」も変わる――国境を越えて社会学を学ぶということ   木村真希子 
  1 はじめに
  2 西洋の理論と、現地の文脈と――輸入学問としての社会学
  3 エスニシティを事例に
  4 おわりに――国境を越えて社会学を学ぶということ

索引 
執筆者紹介