新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

現代社会学事典

見田 宗介 編集顧問・ 大澤 真幸 編集委員・ 吉見 俊哉 編集委員・ 鷲田 清一 編集委員・ 赤川 学 編集協力・ 浅野 智彦 編集協力・ 市野川 容孝 編集協力・ 苅谷 剛彦 編集協力・ 北田 暁大 編集協力・ 塩原 良和 編集協力・ 島薗 進 編集協力・ 盛山 和夫 編集協力・ 太郎丸 博 編集協力・ 橋本 努 編集協力・ 舩橋 晴俊 編集協力・ 松本 三和夫 編集協力

ジャンル 人文・社会 > 社会学 > 社会学理論・思想
人文・社会 > 事典
事典 > 人文・社会
判型・ページ数 A5 上製 1640ページ
定価 本体19,000円+税
発行日 2012年12月刊
ISBN 978-4-335-55148-2
Cコード 1536
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ、感想

内容説明

現代日本を代表する知のスタンダード、ついに登場!

●定評のある『社会学事典』から24年、その精神を継承する、完全新版の21世紀版スタンダード

 社会学は、社会をリアルに映し出します。冷戦構造の崩壊、グローバル経済の破綻、1995年の阪神・淡路大震災に地下鉄サリン事件、そして2001年の9.11テロ、2011年の3.11東日本大震災に原発問題と、世界も世の中もすっかり変ってしまいました。
 わたしたちは、この社会に生きています。それがどんな社会なのか、知りたいと思うのは当然のこと。膨大な情報が溢れているようで、ネットで検索できることは限られています。「検索」は断片的な情報に触れることができても、なかなか思考にに結びつきません。本質に迫ることができないのです。
 本当に必要なのは、生きるための「叡智」です。この『現代社会学事典』が志すのは、未来をひらく21世紀の叡智です。

【本事典の特徴】
 未来をひらく、生きるための叡智
 現代の知を代表する851人、信頼性の高い3500項目の達成

 1.9.11や3.11後の世界に求められる叡智
   ◎変貌する社会に挑む、他の追随を許さない斬新な視点
   ◎狭義の社会学にとどまらず、多領域の重要な〈知〉を積極的に項目化
 2.印刷された事典ならではの、信頼性の高いスタンダード
   ◎現代日本を代表する、多領域の851人による署名原稿
   ◎世界各国の第一級の執筆者も参加
 3.古典から現代の切実なテーマまで、読み応えのある3500項目
   ◎最先端の理論や思想、テクニカルタームからサブカルチャーまで収載
   ◎50音順に配列、関連項目・主要文献などを充実させて検索のしやすさに配慮
 4.充実した付録
   ◎全項目名を分類別に配置した項目分類目次で、意味や領域からの検索可能
   ◎社会学の歴史がたどれる社会学文献表(年表式の文献リスト)を掲載
   ◎5種類の充実した索引


大澤真幸:現代社会の全体性について知りたければ、まず社会学という知に問うとよい。
       その応答が、『現代社会学事典』にある。

見田宗介:現代社会は、人間の歴史の中の巨大な転換点である。