新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

ケースブック労働法 <第8版>

弘文堂ケースブックシリーズ

内容説明

法曹に必要な応用力を身につけるためのテキスト

 判例から法律上の問題点を抽出する力を養成するため、基本となる判例の事実・判旨を必要かつ充分に引用した法科大学院用テキスト。法改正や判例の動向に伴い、設問を見直し、最新の重要判例を追加するなど、項目・判例を厳選した最新版。
 全体を30講にわけ判例の根底にある考え方を探り、既存の法理の応用として新しい問題を処理する能力がつくよう、基礎的な問題から応用問題へと“Questions”が学生の思考を導いてゆきます。

訂正表を作成いたしました(2014.10.07)

目次

1 イントロダクション
2 労働法の基本法
3 労働関係の成否
4 労働契約と就業規則
5 就業規則の変更―労働条件の変更(1)
6 解雇の制限と救済方法
7 有期雇用・パート労働者
8 採用・採用内定・試用期間
9 賃金請求権
10 人事考課・降格
11 配転・出向・転籍
12 労働時間・休日
13 さまざまな労働時間制度
14 休暇・休業・休職
15 懲戒・服務規律
16 整理解雇・退職
17 雇用平等
18 労働災害の補償
19 労働組合
20 団体交渉
21 労働協約
22 団体行動
23 不当労働行為(1)―不利益取扱い
24 不当労働行為(2)―支配介入
25 併存組合と不当労働行為
26 労働協約による変更と変更解約告知―労働条件の変更(2)
27 労働者派遣の法律関係
28 企業組織の変動
29 労働紛争の解決
30 労働関係の現代的課題
【付録 就業規則例】
【事項索引・判例索引】