新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

末子相続の研究[オンデマンド版]

末子相続の研究[オンデマンド版]

内藤 莞爾

ジャンル 人文・社会 > 社会学 > 現代社会論・日本社会論
人文・社会 > 地域 > 日本
オンデマンド > 人文・社会
判型・ページ数 A5 並製 518ページ
定価 本体9,000円+税
発行日 2014年03月刊
ISBN 978-4-335-57054-4
Cコード 1039
在庫 オンデマンド制作

この本に関するお問い合わせ、感想

内容説明

末子相続のある地帯では「家」への意識が乏しい。日本の家族を「家」として規定する通説に対してそれから逸脱した家族の存在を示し、家族周期の視点をもとり入れて、日本の家族制度を再検討するための問題を提起する。

(初版2刷:1987年10月30日)

■オンデマンド書籍のご購入方法はこちらをご覧ください。

目次

第一部 一般編
 第一章 研究史の展開
 第二章 末子相続の時代的位置づけ
 第三章 末子相続の地域的分布
 第四章 相続形態の分類
 第五章 現地報告の検討
 第六章 末子相続の概念
 第七章 末子相続形成の基盤

第二部 実態編
 第一章 海村の末子相続
 第二章 天草漁村の末子相続
 第三章 西九州農村の末子相続
 第四章 鹿児島農家の末子相続
 第五章 離島カトリックの末子相続
 第六章 五島カトリックの家族文封