新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

戦後日本社会の誕生

内容説明

戦後70年――日本社会が立ち上がっていく過程を、計量データを元にダイナミックに検証する

 戦前から戦後へ:日本社会の転形
 本書の目的は、戦後日本社会の誕生した過程を、主に計量的データにもとづいて明らかにすることである。ここで戦後日本社会の誕生というのは、戦前の社会構造が戦時体制によって変形し、さらに戦災と敗戦の混沌が加わったなかから、新しい社会が立ち上がっていったという歴史的な出来事のことである。(……)
 戦後社会が誕生する過程とは、戦前期に生まれ育った人々の、戦後の階級・階層構造へ向けた社会移動の過程にほかならない。つまり戦前社会の担い手だった人々や、戦前から戦中にかけて成長した子どもたちが、通常の就職や転職などに加え、徴兵や戦時徴用、疎開、外地への移民と引揚げなどを含むさまざまなライフイベントを経て、戦後社会の担い手となっていった過程である。(本書「序章」より)

目次

序 章 戦後日本社会形成史という試み(橋本健二)
第1章 戦前・戦中・戦後の日本的雇用慣行(橋本健二)
第2章 兵役経験者たちの軌跡(稲田雅也)
第3章 戦後復興期の女性労働者(佐藤香・元治恵子)
第4章 学歴主義の戦前と戦後(中川宗人)
第5章 経済人の軍隊経験(片瀬一男)
第6章 戦時体制による経歴の流動化と戦後社会(岩井八郎)
第7章 戦争未亡人たちの戦後(小山裕)
第8章 戦後復興期の貧困層(石島健太郎)
第9章 戦後労働調査の時代(仁田道夫)