新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

芸術の授業BEHIND CREATIVITY

内容説明

●芸術はどこからきて、どこへ向かうのか?

アーティスト、デザイナー、映画監督、写真家、演出家、詩人・・・・・・、美大で教壇に立つつくり手たちが「表現」の背骨をあぶり出す。デッサンや彫刻の技術を鍛錬する以前に、養っておきたい社会の切り取り方。美大学生、必読の一冊。

目次

Ⅰ.まなぶ
  《つくる》ことが仕事になるまで/修業時代の出会いと選択/教育と学びの現場

 1 大学は出来事である─萩原朔美(映像作家、演出家、エッセイスト)
 2 美術作品を通して人間とは何かを考える仕事─松浦弘明(美術史学者)
 3 旅と写真と社会運動─港千尋(写真家)
 4 デザインは学べるのか─佐藤直樹(アートディレクター)

Ⅱ.つくる
  創作や制作・製作のプロセス/《つくる》という営みに潜むもの/認識と表現とを生きること

 1 「映画」監督術─青山真治(映画監督・小説家)
 2 同時代のデザインを支える認識─矢野英樹(デザイナー)
 3 往復書簡:描くということ―O JUN(画家)×石田尚志(現代美術家・映像作家)

Ⅲ.かえりみる
  つくったものの奥底にあるもの/つくられたものの行方/《つくる》という営みの意味

 1 つむがれた言葉のあとに─建畠 晢(詩人・美術評論家)
 2 デザインの前と後─西村佳哲(プランニングディレクター・働き方研究家)
 3 つくったものはどこにいくのか─生西康典(演出家・映像作家)
 4 危機のなかの芸術─中村寛(文化人類学者)

わたしの一枚
 執筆者たちがそれぞれの作品やルーツなど、「自らのあり方」をつくってきた事柄を自選。つくり手たちの《背骨》を切りとる一枚です。