新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

新刊

刑事訴訟法 <第5版>

伊藤真試験対策講座 10

内容説明

最新の法改正にいち早く対応、試験対策も万全の「現代型基本書」!

 論証カード・フローチャートと図表・2色刷で重要論点をわかりやすく解説した伊藤メソッドによる本格的テキスト。
 平成28年5月24日に成立した「刑事訴訟法等の一部を改正する法律」を反映させるとともに、より一層、試験傾向や受験生のニーズに対応させた、待望の最新版。
【主な改訂ポイント】
①平成28年改正情報を盛り込む
②従来の記載内容全体を見直し、充実させつつスリム化を図る
③「○×問題で実力チェック」に、平成28年度までの予備試験短答問題を加える
④新出判例のうち重要なものを盛り込む
⑤平成27年度・28年度の司法試験論文問題、平成28年度までの予備試験論文問題と出題趣旨もあわせて掲載する
⑥知識の整理に役立つ「定義集」を新設する
⑦巻末の「論証カード」の内容をバージョンアップする
⑧参考文献をアップ・ツ-・デイト化する

 予備試験を含む司法試験受験生・法科大学院生のみならず学部学生、そして実務家まで、あらゆる読者のニーズに応えるテキストです。

目次

第1部 刑事訴訟法のかたち
  1章 刑事訴訟法とは
    1.刑事訴訟法とは何か
    2.刑事訴訟法の全体像とメリハリ
    3.刑法と刑事訴訟法
    4.憲法と刑事訴訟法
    5.民事訴訟法と刑事訴訟法
  2章 刑事訴訟法の重要基本概念
    1.刑事訴訟法の目的
    2.刑事訴訟法の構造
    3.訴訟主体
    4.捜査
    5.公訴提起
    6.公判手続
    7.裁判
    8.救済手続

第2部 刑事訴訟の主体
  3章 裁判主体に関する諸問題
    1.裁判所
    2.公平な裁判所
    3.迅速な裁判
  4章 当事者に関する諸問題
    1.検察官・司法警察職員
    2.被疑者・被告人・弁護人
    3.被害者

第3部 捜査
  5章 捜査に関する諸問題
    1.捜査総説
    2.捜査の端緒
    3.被疑者の身体の保全
    4.物的証拠の収集
    5.供述証拠の収集
    6.被疑者の防御権
    7.捜査の終結

第4部 公訴
  6章 公訴に関する諸問題
    1.公訴提起の基本原則
    2.公訴提起の手続
  7章 訴因と公訴事実
    1.審判対象と訴因変更
    2.訴因変更の要否
    3.訴因変更の可否
    4.訴因変更命令
    5.罪数変化と訴因変更
    6.罰条変更
    7.争点の変更
  8章 訴訟条件
    1.訴訟条件の意義
    2.訴因と訴訟条件

第5部 公判
  9章 公判手続
    1.公判の諸原則
    2.公判の準備
    3.公判手続
  10章 証拠
    1.証拠法総説
    2.関連性
    3.自白法則
    4.伝聞法則
    5.違法収集証拠排除法則

第6部 裁判
  11章 裁判の意義
    1.裁判の意義と種類
    2.裁判の成立
    3.裁判の内容
  12章 裁判の効力
    1.確定力
    2.一時不再理効

第7部 救済手続
  13章 上訴
    1.上訴総論
    2.控訴
    3.上告
    4.抗告
  14章 非常手続
    1.再審
    2.非常上告

 * 各章末に「○×問題で実力チェック」コーナー
 * 書式で見る刑事手続
 * 司法試験予備試験論文式試験問題〔刑事訴訟法〕
 * 司法試験予備試験論文式試験問題出題主旨
 * 平成27・28年度司法試験論文式試験問題〔刑事訴訟法〕
 * 平成27・28年度司法試験論文式試験問題出題趣旨
【論証カード/定義集/司法試験論文本試験問題/事項・判例索引】