新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

新刊

公務員制度の法理論日仏比較公務員法研究

行政法研究双書 33

公務員制度の法理論

下井 康史

ジャンル 法律 > 行政法 > 行政法一般
法律 > 行政法 > ●行政法研究双書
判型・ページ数 A5 上製 346ページ
定価 本体5,200円+税
発行日 2017年02月刊
ISBN 978-4-335-31506-0
Cコード 3332
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ、感想

内容説明

日仏比較で見えてくる公務員法の現在と未来!

 日本とフランスの公務員法を、「公務員の勤務条件決定システム」「身分保障」「多様な公務員と公務員制度の射程」という3つの視点から詳細に比較・分析した本格的研究書。日仏比較がもたらす大きな示唆を明らかにし、公務員制度改革の今後のあり方を探る。行政法と労働法を架橋する、本邦初の公務員法研究の集大成。

目次

序 公務員制度改革と公務員法

第1編 公務員の勤労条件決定システム
第1章 フランス法 
 第1節 地方公務員制度における給与決定システム 
 第2節 法令規律の仕組みと組合参加制度
第2章 日本法
 第1節 公務員の団体交渉権・協約締結権
 第2節 地方公務員制度における新たな労使関係の構築に向けて
 第3節 公務員法における法律・条例事項と協約事項
 第4節 公務員

第2編 身分保障
第1章 フランス法-官職分離原則の身分保障機能
第2章 日本法
 第1節 公務員法と労働法の距離
 第2節 公務員の守秘義務
 第3節 行政法における公務員倫理法の位置付け
 第4節 人事評価システムにおける制度的工夫

第3編 多様な公務員と公務員制度の射程
第1章 フランス法
 第1節 公務員制度の射程
 第2節 任用・勤務形態の多様化
第2章 日本法
 第1節 公務員の勤務形態多様化政策と公法理論
 第2節 任期付任用公務員の更新拒否をめぐる行政法上の理論的問題点

結――日仏比較公務員研究の意義

事項索引