新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

新刊

ベッドにいてはいけない不眠のあなたが変わる認知行動療法

内容説明

世間の常識が、睡眠の常識とは限らない。

小さい頃からずっと、不眠に悩みつづけた著者。
高校中退、大学受験会場での居眠り、新卒3か月での休職……。
絶望の中で出会った心理学に基づく不眠改善法を行ったことで、
少しずつ眠れるようになり、不眠を克服できました。
その軌跡と、著者が実践した「不眠の認知行動療法」を紹介し、
今日も眠れないあなたに、変わりはじめるきっかけを届けます。

目次

第1章 不眠人生20年
 ▽認知行動療法という不眠治療法
 ▽不眠人生
 ▽1冊の本と親の一言

第2章 「不眠の認知行動療法」をやってみた
 ▽「睡眠専門クリニック」に向かう
 ▽睡眠日誌で自分の睡眠を知る
 ▽不眠の認知行動療法スタート
 ▽条件づけを変える
 ▽刺激制御法をやってみたが……
 ▽小さなことから、コツコツと
 ▽日中の行動が夜の睡眠を決める!?
 ▽寝る前はこころと体を意識的にリラックス
 ▽自分の睡眠を研究してみた
 ▽睡眠薬をやめて、約20年の不眠からの卒業
 ▽専門家は不眠治療のパートナー
 ▽サポートと覚悟が不眠改善の決め手

第3章 「不眠の認知行動療法」実践マニュアル
 ▽実践マニュアルの使い方
 ▽不眠の認知行動療法の基本的な考え方
 ▽そもそもなぜ人は眠くなるのか
 ▽Step1 睡眠日誌を書く
 ▽Step2 刺激制御法をやってみよう
 ▽Step3 漸進的筋弛緩法をやってみよう
 ▽Step4 睡眠制限法をやってみよう
 ▽目標を立て、定期的に振り返る
 ▽睡眠の振り返りをしてみよう
 ▽睡眠を定期的にチェックしてみよう

第4章 不眠を改善するための特性と環境へのアプローチ
 ▽個々の睡眠の特性や環境要因にアプローチしよう
 ▽あなたが眠れないのは睡眠が苦手だからかもしれない
 ▽朝型か夜型かも大事な特性
 ▽必要な睡眠時間は人によって変わる
 ▽あなたが眠れないのはがんばりすぎだからかもしれない
 ▽自分に合った睡眠を見つけよう
 ▽「自分の睡眠を見つけるワークシート」をやってみよう
 ▽自分の睡眠を守れるのは自分だけ

附 録 「不眠の認知行動療法」を受けられる医療機関リスト