新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

新刊

近代の神宮と教化活動

久伊豆神社小教院叢書 11

近代の神宮と教化活動

武田 幸也

ジャンル 人文・社会 > 歴史 > 歴史一般
人文・社会 > 宗教学 > 宗教学一般
人文・社会 > 宗教学 > 神道学
人文・社会 > 宗教学 > ●久伊豆神社小教院叢書
判型・ページ数 A5 上製 480ページ
定価 本体6,700円+税
発行日 2018年04月刊
ISBN 978-4-335-16090-5
Cコード 3014
在庫 在庫あり
購入する

この本に関するお問い合わせ、感想

内容説明

今日なお盛んな伊勢信仰の近代的淵源とは


 明治五年に伊勢神宮の教化活動を担うべく設立された神宮教院・神宮教会、さらにそれを母体として成立した神宮教・神宮奉斎会。近代の神宮教化を担ったこれら組織とその教説を軸として、これまでにない視角から神宮教化の歴史に迫る気鋭の論考。

目次

序 章 近代の神道教化・神宮教化研究と本書の課題
第一章 明治初期の神宮教院・神宮教会と神風講社
第二章 神宮教院の神道教説
第三章 祭神論争における伊勢と出雲
第四章 神宮教の組織と活動に関する基礎的研究
第五章 明治後期の神宮奉斎会と皇典講究所
第六章 今泉定助の皇道発揚運動
第七章 神宮教・神宮奉斎会の神道教説
第八章 神宮奉斎会と戦後神社神道
補 論 明治期の『古事記』研究と神宮教化
終 章 近代の神宮教化 その制度と思想