新刊

近刊

シリーズ一覧

オンデマンド

事典

伊藤塾シリーズ

新刊

実務家に必要な刑事訴訟法―入門編

椎橋 隆幸 監修・ 寺本 吉男 編著・ 大野 勝則 編著・ 山上 秀明 編著

ジャンル 法律 > 刑事訴訟法
法律 > 法律実務 > 法律実務一般
法律 > 資格試験 > 司法試験
判型・ページ数 A5 並製 224ページ
定価 本体1,800円+税
発行日 2018年07月刊
ISBN 978-4-335-35759-6
Cコード 1032
在庫 在庫あり
弘文堂ネットストアで購入

この本に関するお問い合わせ、感想

内容説明

現場で役立つ刑事訴訟法の基礎知識を伝授!


 実務の現場で、司法試験の勉強で、どうしても知っておいて欲しいことだけを、法曹三者と学者が、わかりやすく解説した入門書。
 裁判官・検察官・弁護士の心得、取調べの極意、告訴状の書き方、証人尋問の失敗談、検察官・弁護士へ裁判官から一言など多数のワンポイントアドバイスやチャート・図表も有益。
 第一線で活躍する法曹三者と学者による、司法試験受験生、司法修習生、若手実務家へ向けた、使える刑事訴訟法入門!

【本書の特色】
●手続の流れに沿った構成
●重要論点1つにつき、解説1頁の読み切り型
●法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)と学者がコラボ
●痒いところに手が届く29のワンポイントアドバイス
●チャート・図表によるビジュアル化
●司法試験受験生、司法修習生、若手実務家に最適

目次

Ⅰ 刑事訴訟法とは何か
 Ⅰ-1 手続の流れを理解しよう
 Ⅰ-2 憲法と刑事訴訟法
 Ⅰ-3 刑法と刑事訴訟法
 Ⅰ-4 適正手続の保障とは何か
 Ⅰ-5 刑事裁判に関わる機関とその役割

Ⅱ 捜査とは何か
 Ⅱ-1 捜査事例
 Ⅱ-2 任意捜査の原則と強制処分法定主義
 Ⅱ-3 逮捕
 Ⅱ-4 勾留
 Ⅱ-5 取調べと接見
 Ⅱ-6 録音・録画制度

Ⅲ 公訴とは何か
 Ⅲ-1 起訴に関連する制度について
 Ⅲ-2 起訴・不起訴
 Ⅲ-3 保釈

Ⅳ 公訴から第1回公判期日まで
 Ⅳ-1 事前準備
 Ⅳ-2 公判前整理手続
 Ⅳ-3 争点整理
 Ⅳ-4 裁判員裁判と公判前整理手続

Ⅴ 公判とは何か
 Ⅴ-1 公判手続
 Ⅴ-2 冒頭手続
 Ⅴ-3 証拠調べの流れ
 Ⅴ-4 証拠
 Ⅴ-5 証拠調べ
 Ⅴ-6 公判における心証形成に向けたポイント

Ⅵ 上訴、再審とは何か
 Ⅵ-1 控訴審
 Ⅵ-2 上告審